日経225マスタープログラムの内容について(8) | 日経225マスタープログラム~日経225で稼ぐ方法~

日経225マスタープログラムの内容について(8)

【Mr.Hilton】日経225マスタープログラム

【Mr.Hilton】日経225マスタープログラム

【Mr.Hilton】日経225マスタープログラム

私がトレードを続けていく上で、常に気を付けていることがあります。

それは、トレードの結果というものはザラ場によって左右されること以上に、トレードに至るまでの準備でほぼ勝ち負けが決まると言っても過言ではない、ということです。

もしかして“トレード技術が身に付けば、ザラ場を操るような感覚で利益が取れる!”なんて思っていませんか?

申し訳ありませんが、それは大間違いです!

なぜなら、トレード技術とはあくまでトレードのためのデータを活かすためのものであって、移り変わりの激しい相場を乗り切るためにはその日その日のトレードに合った“下準備”が必要不可欠だと言えるからです。

特に

前日の動きがどうだったか
寄付き近くの価格
マーケットプロファイルとバリューエリア

こういった要素を、寄り付き前にチェックしておくのは非常に有効です。

もちろん、チェックしておきたい項目を上げていけばキリがありませんが、ひとつでもふたつでも、これらを知っているのと知らないのとでは利益に雲泥の差が出てくるはずです。

例えるなら、料理人の仕込みのようなものです。

優れた料理人は、素材の厳選、素材の仕込みにもっとも時間と神経を使うと言われています。

そういった、一見地味とも思える作業の中にこそ、料理の完成度を高めるための重要な要素が含まれています。

腕の良さだけでは、けっしておいしい料理を作ることはできません。

その辺のスーパーで買ってきた食材を適当に調理する料理人を見たことがありますか?

そんな料理人はいないと信じたいですが、もしいたとしたら、そんなのは三流料理人に過ぎません。

トレーダーにも同じことが言えるでしょう。

たとえトレード技術が身に付いていたとしても、寄り付き前の準備を怠っているようでは三流トレーダーと言わざるを得ません。

実際に利益を掴んでいるトレーダーは、一流料理人のように仕込みを怠らないのです。

【日経225マスタープログラム】では、トレード技術が身に付くのはもちろんですが、“仕込み”に相当する部分もバッチリ伝授していきます。

現時点で、もしあなたが……

●トレード技術は身に付けたが、それだけを頼りにトレードしていた
●準備と言われても、いったい何を見ていいのか分からない
●Mr.Hiltonがどんな準備をしてからトレードしているのか気になる

こういった思いでいらっしゃるようでしたら、【日経225マスタープログラム】で学習されることを強くお勧めします。

一般的な日経225先物のカリキュラムと違い、実際のトレード以外の部分に関してもキッチリとフォローしていきます。

>>日経225マスタープログラム公式サイトはこちらから

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 日経225マスタープログラム~日経225で稼ぐ方法~

日経225マスタープログラム~日経225で稼ぐ方法~ TOP » 日経225マスタープログラム内容 » 日経225マスタープログラムの内容について(8)